本日の目玉お買取り品


日立ヒートリサイクル 風アイロン     ビッグドラム スリム
型番:BD-S8600L 左開き
製造年数:2014年製
洗濯容量:10kg
乾燥容量:6kg
標準仕様水量:72L
サイズ:W630xD715xH1050mm
重量:83kg
防水パンサイズ:540mm

風呂水ポンプ
カビ取り機能
予約タイマー
自動おそうじ
インバーター搭載 他

状態:中古品ですが、大変綺麗にお使いで、状態の良いお品物でした。ただ、スタッフ2名で搬出したのですが、かなりの重量なので大変でした。笑


ドラム洗濯機を売る時の注意


ドラム洗濯機をリサイクルショップで買取してもらう時の注意ですが、3点ございます。

①売り時は製造年から2~3年くらいまでが、高価買取になりやすい。

理由:4~5年経過すると、買取査定はガクっと落ちます。もともと新品の価格が安くても10万円前後しますから、中古でも比較的新しい(~3年)と、再販もしやすく、中古品でも結構な価格で売る出されます。しかし4年を超えてくると買取査定はガクっと落ち、業者によっては、買い取らないお店もございます。あくまでも主観ですが、ドラム洗濯機を購入される方は、一般的に見栄っ張りなんじゃないかと思います。なので、中古でもあまりの型落ちは控えるのだと思います。

②買取査定人がバイトだったり逆に年配の方だと、買取しない事がある。

理由:これも、経験上よくききます。『大型の洗濯機はうちでは売りずらいんだよねー。単身用洗濯機のが売れやすいんだよねー。』という、ばかみたいな理由で、買い取らなかったり、すごい低い買取査定だったり、逆に回収費用を請求することもございます。なぜらな、ドラム洗濯機はかなりの重量で、運ぶのが大変です。必ず2名での作業となり、人件費がかかります。対処法は電話受付時に、メーカー、型番、製造年数、搬出状況(エレベーターが有無など)をお伝えし、だいたいどれくらいの査定か聞くことです。答えない場合は注意が必要です。

③運搬用固定ボルトの有無。

理由:ドラム洗濯機を運搬するときに必要な器具になります。購入時に購入したお店から備品として説明書、保証書と一緒に必ず受けとっているはずです。2個ございます。これが無いと引越し時も困りますので、大切に保管しましょう。


ドラム洗濯機の今後


そういう我が家も去年の暮までドラム洗濯機を使用しておりましたが、カワイイカワイイ奥様が縦型の洗濯機の方がしっかり汚れがとれるということで、買い替えました。子供が4人もいますので、1日に洗濯機を最低3回まわす人が言うので、間違いないんじゃないでしょうか。笑 実際に知り合いの電機屋さんや、エアコンや洗濯機等を清掃専門業者さんも、同じことを話されました。
たしかにドラム洗濯機は外見は、オシャレでかっこいいですもんねー。でもこのままいくと、難しいんじゃないでしょうか。私は見た目重視のドラム派ですが、、、

MOTTAINAI屋 公式HP