名古屋市ごみの出し方

名古屋市・家庭ごみの出し方「土鍋」編

名古屋市・家庭ごみの出し方「土鍋」編

ごみの捨て方を知っておこう!

こんにちはもったいない屋です。

いつも弊社のブログをご覧くださってありがとうございます。

さて我が家では先日、小さめの土鍋でおでんを作ったところ、ゆで卵が鍋底に焦げ付いてしまい、とれなくなってしまいました(涙)

そこで泣く泣く土鍋を捨てることにしたのですが…

ここで皆さんにクイズです。

名古屋市内にて土鍋を捨てる場合の分別は「可燃ごみ・不燃ごみ・粗大ごみ」のうち、どれでしょうか…?

「可燃ごみ?ではないよなぁ」では「不燃ごみ?」いやいや「粗大ごみか??」なんて、迷う方も多いのではないでしょうか?

実は土鍋の分別は、サイズによって「不燃ごみ」として無料で出せる場合と「粗大ごみ」として有料で出さなければならない場合とに分かれます。

みなさんは日ごろから「ごみの分別」をしておられるとは思いますが、中にはこんな風に「イマイチ捨て方が分からないなぁ…」という物もあるでしょう。

「本当は捨てたいけど、捨て方が分からないから放置する…」ひとたびこういう状況に慣れてしまうと、そのあとは部屋が散らかる一方です。

そんなときはもったいない屋の「不用品回収」サービスを利用していただけると嬉しいのですが(笑)

1番よいのは、日ごろからごみをため込まないようにすることではないでしょうか?

そのためにはやはり、名古屋市における家庭ごみの出し方について、正しいルールを知っておかなければなりませんよね!

そこで今回は名古屋市・家庭ごみの出し方「土鍋編」と題して、意外と知らない「土鍋」の捨て方をご紹介していきます!

「そんなのもちろん知ってるよ!」という方はスルーしていただいて構いません。

「よく考えたら、土鍋の正しい捨て方は知らないかも…」という方は、ぜひ参考になさってください!

サイズ別・土鍋の捨て方

ひとことで土鍋といっても、そのサイズはさまざまです。

そして土鍋の捨て方も、サイズによって異なりますのでここで確認しておきましょう。

サイズ別・土鍋の捨て方

【不燃ごみ/名古屋市が無料で回収】
・直径30㎝以下の土鍋
<出し方>
必ず「家庭用不燃ごみ用指定袋(緑色の文字)」に入れて出す

<出す場所>
自宅前に出す(地域によっては集積場所へ・マンションアパートは指定場所へ)

<出す日>
月1回(収集日は各区の町名別収集日一覧表に記載・原則として雨天でも回収)

<出す時間>
当日の朝8時まで
(※中区は当日の朝7時まで)

【粗大ゴミ/名古屋市が有料で回収】
・直径が30㎝を超える土鍋
<申し込み手順>
(1)粗大ゴミ受付センターへ電話もしくはインターネットで申し込む

【電話】
・収集日の7日前(前の週の同一曜日)までに電話で申し込む
・0120-758-530
・052-950-2581(愛知県外・携帯電話から)
・受付時間:AM9:00~PM5:00
(土日・年末年始を除く・祝日は受付可)

【インターネット】
・収集日の10日前までに電話で申し込む
・受付時間: 24時間・365日

※「申し込みの品目が一覧にない」場合はインターネット申込不可というルールがありますが2018年3月時点では、申込品目の中に「土鍋」に該当するものが見当たりません。

そのため土鍋を粗大ゴミとして捨てたい場合は、原則として電話で申し込みをするのが良いでしょう。

(2)「住所・氏名・電話番号・品目」などを口頭で申告する

(3)「収集日・ごみを出す場所・手数料・受付番号」などが伝えられるのでメモする

(4)手数料納付券(シール)を「スーパー・コンビニ」などの指定販売店は環境事業所で購入する

(5)手数料納付券(シール)に、氏名または受付番号を記入する

(6)手数料納付券(シール)を粗大ごみの見やすい場所に貼る

(7)指定された場所に出す

<出し方>
原則として「ごみ用指定袋」は使用しない

<出す場所>
指定された場所

<出す日>
月1回(有料・申込制)

<出す時間>
当日の朝8時まで
(※中区は当日の朝7時まで)

ごみの分別はリサイクルへの第一歩

今回我が家が捨てる「土鍋」は、直径が30㎝以下のサイズなので「不燃ごみ」として無料で回収してもらうことができます。

しかし30㎝を超える大きな土鍋をお使いのご家庭もあるでしょうから、その場合は「粗大ごみ」として回収を依頼してくださいね!

ごみの分別はリサイクルへの第一歩

不用品回収のご依頼・ご相談はもったいない屋へ!

今回は「土鍋」の捨て方についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?すでにご紹介したように、土鍋の捨て方はサイズによって異なり、さまざまなルールが設けられています。

こうしたごみの分別は、限られた資源を有効に活用するためには欠かすことのできない活動です。

最初は「面倒くさいな~」と感じるかもしれませんが、慣れてしまえば意外と簡単にできるはずですよ。

みなさんもこれを機に、ごみを正しく捨てることから始めてみてはいかがでしょうか?

一方もったいない屋では、引き続き「不用品回収」のご依頼を受け付けております。

ご自宅に「どうしても処分できずに困っている…」という不用品がありましたら、ぜひご相談ください。

皆さんからのご連絡、お待ちしております!

もったいない屋の無料出張サービス対応エリア

【愛知県】名古屋市
・熱田区・北区・昭和区・千種区・天白区・中川区・中区・中村区・西区・東区・瑞穂区・緑区・港区・南区・名東区・守山区

【愛知県】尾張エリア
・豊明市・東郷町・みよし市・日進市・一宮市・瀬戸市・春日井市・犬山市・江南市・小牧市・稲沢市・尾張旭市・岩倉市・津島市・愛西市・清須市・春日町・北名古屋市・弥富市・長久手市・豊山町・大口町・扶桑町・あま市・美和町・七宝町・甚目寺町・大治町・蟹江町・飛島村

【愛知県】三河エリア
・岡崎市・蒲郡市・刈谷市・知立市・安城市・豊田市・高浜市・碧南市・西尾市・幸田町

【愛知県】知多エリア
・大府市・東浦町・阿久比町・東海市・知多市・半田市・常滑市・武豊町・美浜町・南知多町

【三重県】
・桑名市・四日市市など名古屋市に隣接する地域

【岐阜県】
・岐阜市・各務原市など愛知県に隣接する地域

※もったいない屋は、名古屋市を中心に「愛知・三重・岐阜」エリアへ無料お見積りに伺います!

上記エリア以外のお客様も、お気軽にご相談ください。

もったいない屋公式ホームページ

■不用品回収のご依頼・ご相談はもったいない屋へ■
〒454-0981
名古屋市中川区吉津1丁目1508番地
TEL:052-355-9215
フリーダイヤル:0120-009-906
古物商許可番号:第541211104100号
産業廃棄物収集運搬業許可証:愛知 第02300181898号

名古屋市・家庭ごみの出し方「電池」編

名古屋市・家庭ごみの出し方「電池」編

ごみの捨て方を知っておこう!

こんにちはMOTTAINAI屋です。

いつも弊社のブログをご覧くださってありがとうございます。

今日は名古屋市における「家庭ごみの出し方」をテーマにお話したいと思います。

みなさんは日ごろからごみを分別しておられると思いますが、中には「イマイチ捨て方が分からない…」という物もあるのではないでしょうか?

「本当は捨てたいけど、捨て方が分からないから放置する…」ひとたびこういう状況に慣れてしまうと、そのあとは部屋が散らかる一方です。

もちろんそういうときはMOTTAINAI屋の「不用品回収」サービスを利用していただけると嬉しいのですが(笑)1番よいのは日ごろからごみをため込まないようにすることだと思います。

そのためにはやはり、名古屋市における家庭ごみの出し方について、正しいルールを知っておかなければなりませんよね!

そこで今回は名古屋市・家庭ごみの出し方「電池編」と題して、意外と知らない「電池」の捨て方をご紹介していきます。

「そんなのもちろん知ってるよ!」という方はスルーしていただいて構いません。

「よく考えたら、電池の正しい捨て方は知らないかも…」という方は、ぜひ参考になさってください!

種類別・電池の捨て方

ひとことで電池といっても、その種類はさまざまです。

そして電池の捨て方も種類によって異なります。

ここでは電池の捨て方を種類別に確認していきましょう。

【不燃ごみ/名古屋市が回収】

・アルカリ乾電池・マンガン乾電池
・出し方:必ず「家庭用不燃ごみ用指定袋(緑色の文字)」に入れて出す
・出す場所:自宅前に出す(地域によっては集積場所へ・マンションアパートは指定場所へ)
・出す日:月1回(収集日は各区の町名別収集日一覧表に記載・原則として雨天でも回収)
・出す時間:当日の朝8時まで(※中区は当日の朝7時まで)

【発火性危険物/名古屋市が回収】

・リチウム電池(※充電できないタイプ)
・出し方
(1)電池の+極と-極にセロハンテープを貼って絶縁する
(2)発火性危険物をひとまとめにする
(3)資源用指定袋(青色の文字)・透明な袋・中身の見える半透明の袋いずれかに入れる
・出す場所:自宅前に出す(可燃ごみと少し離して置く)
・出す日:週2回(可燃ごみと同じ日・原則として雨天でも回収)
・出す時間:当日の朝8時まで(※中区は当日の朝7時まで)

【ボタン電池回収缶/協力販売店が回収】

・ボタン電池
・出し方:電池の+極と-極にセロハンテープを貼って絶縁する
・出す場所:協力販売店の「ボタン電池回収缶」に入れる
・出す日:協力販売店の営業日ならいつでも可
・出す時間:協力販売店の営業時間なら何時でも可

【リサイクルボックス/協力販売店が回収】

・ニッケルカドミウム電池・ニッケル水素電池・リチウムイオン電池(※小型充電式電池)
・出し方:電池の+極と-極の端子部分にセロハンテープを貼って絶縁する
・出す場所:協力販売店の「リサイクルボックス」に入れる
・出す日:協力販売店の営業日ならいつでも可
・出す時間:協力販売店の営業時間なら何時でも可

ごみの分別はリサイクルへの第一歩


ここまでご紹介してきた中に「協力販売店」という言葉が何度も出てきましたが、具体的にはどのようなお店のことなのでしょうか?

これらの「協力販売店」は、正式名称を「リサイクル協力事業者」といい、2001年4月に施工された「資源有効利用促進法」に伴い「電池メーカー・機器メーカー・輸入事業者」などに対して、小型充電式電池の回収や再資源化などが義務付けられたことによって発足したものです。

じつはつい先日、名古屋駅のゲートタワー内にあるビックカメラさんへ行ったとき「電池のリサイクルボックス」を見てきました。

店員さんが親切に説明してくださり、写真も撮っていいよとおっしゃってくださったので、ここに掲載したいと思います。

【電池のリサイクルボックス/ビックカメラ名駅店さん】

【電池のリサイクルボックス/ビックカメラ名駅店さん】

【電池のリサイクルボックス/ビックカメラ名駅店さん】

【電池のリサイクルボックス/ビックカメラ名駅店さん】

【電池のリサイクルボックス/ビックカメラ名駅店さん】

【電池のリサイクルボックス/ビックカメラ名駅店さん】

みなさんもビックカメラさんへ買い物に出かけるついでに、使用済みの「小型充電式電池やボタン電池」を持っていかれてはいかがでしょうか?

しかもビックカメラさんでは、電池を絶縁するためのテープまでもが完備されていて、まさに至れり尽くせり!

とても便利ですね。

不用品回収のご依頼相談はMOTTAINAI屋へ!

今回は「電池」の捨て方についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

すでにご紹介したように、電池だけでもその捨て方は種類によって異なり、さまざまなルールが設けられています。

こうしたごみの分別は、限られた資源を有効に活用するためには欠かすことのできない活動です。

最初は「面倒くさいな~」と感じるかもしれませんが、慣れてしまえば意外と簡単にできるはずですよ。

みなさんもこれを機に電池を分別して、正しく捨てることから始めてみてはいかがでしょうか?

一方MOTTAINAI屋では、引き続き「不用品回収」のご依頼を受け付けております。

ご自宅に「どうしても処分できずに困っている…」という不用品がありましたら、ぜひご相談ください。

皆さんからのご連絡、お待ちしております!

MOTTAINAI屋公式ホームページ

■不用品回収のご依頼・ご相談はMOTTAINAI屋へ■
〒454-0981
名古屋市中川区吉津1丁目1508番地
TEL:052-355-9215
フリーダイヤル:0120-009-906
古物商許可番号:第541211104100号
産業廃棄物収集運搬業許可証:愛知 第02300181898号