亡くなってからでは遅い?!親と始める生前整理の勧め

終活をお考えの方に「生前整理」のすすめ

こんにちは!もったいない屋です。

いつも弊社のブログをご覧くださって、ありがとうございます。

さてこれから年末にかけては、家の中を片づけたり大掃除をおこなったりすることも多くなります。

それに伴って「不用品がたくさん出たので処分したい!」というご依頼が急増するため、年末は必ず【プチ繁忙期】になるんです!

もったいない屋としては、多くのご依頼を頂けてありがたい限りなのですが…ご予約が立て込むと「すぐに来て欲しい!」という至急案件には対応できないケースも出てきてしまいます。

そんな時は「せっかくご依頼くださったのに…」と申し訳ない気持ちでいっぱいになるんですよね。

というワケで11月・12月に不用品の処分や買取・ごみ屋敷の片付けや汚部屋清掃などをご依頼くださる場合は、お早めのご連絡がオススメです!

ぜひ余裕を持ったスケジュールを組んでご予約くださいますよう、お願い致します✨

さらにもったいない屋では、先月に引き続き✨お得なキャンペーン✨を開催中です。

11月は【お客様感謝祭】として、お申込み時に「ブログを見た」と言ってくださったお客様には、料金から3,000円OFFさせていただきます!

このキャンペーンを通して【もったいない屋のサービス】をお得にご利用いただければと思いますので、みなさんも是非この機会をご利用ください♪

亡くなってからでは遅い?!親と始める生前整理の勧め

さて、もったいない屋では昨日も生前整理のご依頼があり、作業させていただきました。

少子高齢化が進む現代において、生前整理や遺品整理の需要は今後もますます高まると予想されます。

実際のところ、親が亡くなってから自力で遺品整理をしようとしても、なかなか整理が進まず「親が元気で生きているうちに、亡くなった時のことについてキチンと話し合っておけば良かった!」とか「要らないモノは処分しておいて!と言えば良かった…。」と後悔しておられる方も多いようです。

そこで、今回は【親と始める生前整理の勧め】と題し、生前整理を進めるうえで大事なポイントをいくつかご紹介しておきたいと思います。

生前に遺品の整理について話し合っておかないとどんな問題が起こる?

例えば、生前に遺品整理について話し合っておかなかった場合は下記のような問題が起こる可能性があります。

1.遠方から実家へ何度も通って遺品整理を行わなければならず、経済的にも身体的にも大きな負担がかかる。
2.親がコレクションしていたマニアックな品や骨とう品の場合は、自分自身では価値が分からないため、価値のあるものでも誤って処分してしまう可能性がある。
3.親の死後「親の気持ちに沿うことができなかった…」と後悔の念が続く

それでは一体どのようにして親と生前整理を進めていけばよいのでしょうか?

親をやる気にさせるコミュニケーション方法✨

親と生前整理を進めるうえで大事なのは、ズバリ!親をやる気にさせる事です。

実家の荷物が多い状況を見かねて「実家の片づけを進めたいな~」と思っても、親が暮らしている家の持ち主は親ですから、親自身が物を処分することを納得しなければなかなかうまくいかないですよね。

そこで大事になってくるのが、親への言い方です。例えば…「お父さん!この家は物が多すぎるから、要らないものは全部捨ててよ!」と言ってしまえば「要らないモノなんかない!まだまだ使える!」という感じで協力してくれないケースが多いでしょう。

ですから親の意見を尊重し、その気にさせる言い方をしなければならないのです。

具体例を挙げるので、確認してみてください!

【親をやる気にさせる言い方】
ポイント:片づけることで、親が得られるメリットを優しい言い方で伝える
悪い例:この家使わないモノや要らないモノが多すぎるよ!要らないモノ全部捨ててよ!
良い例:最近、家の中で転倒したりして、骨折するケースが多いんだって。お母さん(お父さん)がモノにつまづいたりしないように、大切なモノは残して部屋を片付けようか~。
良い例:(孫の)太郎が、お母さんの家で遊びたいっていってるけど、物が多すぎて思い切り遊べないよね。部屋をすっきり片づけて、太郎と遊べる家にしようよ!
良い例:例えばこのフライパン、新品のまま使ってないけどこの先もきっと使わないよね。リサイクルショップにもっていけば買い取ってもらえてお得だし、部屋もすっきりするよ!

👆このような言い方で、頭ごなしに「要らないモノでしょ!全部捨てて!」というのではなく、モノを処分することで、一体どんな良いことが待っているかを伝えるというのがコツです。
この方法で親が納得したら、協力し合いながら確実にモノを減らしていくのですが…この時、さらに大事なポイントがあるんです!

【親がやる気になったら…携帯やデジカメでビフォーアフター写真を撮って記録する】
家の中の物を処分することに親が納得した場合は【モノであふれた状態】【モノを処分した状態】を写真に残すことをお勧めします。
こうすることで親も「随分とキレイに片付いたなぁ。」と目で見て実感できるので達成感を味わうことができます。
そうなれば「この状態をキープしよう!」と前向きな気持ちになる可能性が期待できます✨

【片づけたい場所にあるものをいったん全部出す】
片づけたいと思う場所に、一体どれだけのモノがあるのか、全て出して見てもらうことで、ここにこれだけのモノがあるんですよ!と、総量を理解してもらい、親にも「モノが多いなぁ」と感じてもらうことが大切です!

【モノを分類する】
1.今現在、頻繁に使用しているもの
2.使用できるけれども、現在はほとんど使用していないモノ(過去1年間使用していないものは、処分するというルールを決める)
3.思い出のモノ(プレゼントなど)

【モノを残すスペースを区切る】
・思い出のモノは「この箱に入るだけ」とか「この棚に入るだけ」の量に限定して取っておく
このように、モノを仕舞う場所の大きさをあらかじめ制限してしまうと整理しやすくなるでしょう!

【処分するタイムリミットを決める】
・現在はほとんど使用していないモノであっても、なかなか処分できないという場合は、一時保管場所に1年間保管しましょう。そして「1年間使用しなかった場合はフリーマーケットで売るよ」という風にタイムリミットを設けて、なおかつ処分した後でも誰かが使ってくれるという状況を作ってあげることで「捨てるなんてモッタイナイ!」という気持ちを軽減させることができるので良いでしょう。

【趣味のコレクションは最後に整理する】
・親が長年コレクションしてきた趣味の品などは、親の興味や人生が詰まった大切なモノですから、無理に急いで処分するようなことは避けましょう。
まずは、食器や衣類などの生活用品から整理を進めていって、最終的にコレクションの処分方法について話し合っておくようにすれば、品物の価値や親の思いを理解することができるはずです。ぜひチャレンジしてみてくださいね✨

お悩みごとはもったいない屋にご相談ください!

このブログをご覧になっている方の中に

①愛知名古屋の不用品回収/買取
②ごみ屋敷の片付け/汚部屋清掃
③生前整理/遺品整理
④エアコン撤去/買取
⑤粗大ゴミの搬出サポート
⑥その他の便利屋業務
ハウスクリーニング/単身引越しお手伝い/特殊清掃など

をご希望の方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください。

もったいない屋なら愛知 名古屋のご依頼には365日夜間&早朝対応が可能です✨

秘密厳守のお見積りは無料ですし、もちろんお見積りの後にお断りいただいても構いません。

また、しつこい勧誘も一切ございませんので、どなた様も安心してご利用ください。

皆様からのお電話を心からお待ちしております!
遺品整理・生前整理のご相談・ご依頼はMOTTAINAI屋へ

もったいない屋の無料出張サービス対応エリア

【愛知県】名古屋市
熱田区・北区・昭和区・千種区・天白区・中川区・中区・中村区・西区・東区・瑞穂区・緑区・港区・南区・名東区・守山区

【愛知県】尾張エリア
豊明市・東郷町・みよし市・日進市・一宮市・瀬戸市・春日井市・犬山市・江南市・小牧市・稲沢市・尾張旭市・岩倉市・津島市・愛西市・清須市・春日町・北名古屋市・弥富市・長久手市・豊山町・大口町・扶桑町・あま市・美和町・七宝町・甚目寺町・大治町・蟹江町・飛島村

【愛知県】三河エリア
岡崎市・蒲郡市・刈谷市・知立市・安城市・豊田市・高浜市・碧南市・西尾市・幸田町

【愛知県】知多エリア
大府市・東浦町・阿久比町・東海市・知多市・半田市・常滑市・武豊町・美浜町・南知多町

【三重県】
桑名市・四日市市など名古屋市に隣接する地域

【岐阜県】
岐阜市・各務原市など愛知県に隣接する地域

※もったいない屋は、名古屋市を中心に【愛知・三重・岐阜】エリアへ無料お見積りに伺います!
上記エリア以外のお客様も、お気軽にご相談ください。
名古屋市北区にてエアコンを「買い取り」

もったいない屋公式ホームページ

■お片付けと買取のご相談・ご依頼はもったいない屋へ■
【名古屋本店】愛知県名古屋市中川区吉津1丁目1508番地
【名古屋北店】愛知県小牧市西ノ島字中塚1059
名古屋市内の方➡:0120-009-906
名古屋市外の方➡:052-355-9215
◎古物商許可番号:第541211104100号
◎産業廃棄物収集運搬業許可証:愛知 第02300181898号

もったいない屋

名古屋市及び周辺地域の不用品の買取、処分、特殊清掃、遺品整理に関するお悩みは当ブログが解決致します

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*