ごみ屋敷・汚部屋の原因は病気かも…【ためこみ症】という病

ごみ屋敷・汚部屋の原因は病気かも…

もったいない屋では日ごろから、名古屋市内におけるごみ屋敷の片づけや、汚部屋の片づけのご依頼をいただきます。

じつはごみ屋敷の片づけや汚部屋の片づけのご依頼をしてくださるのは、ごみを溜め込んだ張本人ではなく、ご家族や大家さん、もしくは管理会社であることが多いのです。

この背景には『ごみを溜め込んだ本人は、ごみをごみだと思っていない』という事情があります。

一般的に誰が見てもごみとしか思えないようなモノ…(例えばコンビニ弁当やカップラーメンの空き容器、カビの生えたカーペット、片方だけのサンダルなど)を「ごみじゃない!いつか必ず使うから!」と、主張して手放すことができないのです。

このようなケースでは「ごみを捨てて!」「いやごみじゃない!」の堂々巡りで、話し合いをしようにも、一向に問題は解決しません。

しかしごみ屋敷や汚部屋の状況が悪化すると、家の外にまでごみがあふれ、悪臭が漂うなど、ご家族や近隣住民にも影響を及ぼす恐れがあり、当事者にとっては深刻な問題です。

問題を解決するにあたって話し合いをしても一向に状況が改善しない場合「あの人は変わり者だから…」とか「頑固者で話にならない!」と簡単に匙を投げるのではなく、病気を疑ってみる必要があるかもしれません。

【ためこみ症】という病

あまり聞きなれないかもしれませんが【ためこみ症】という病気があるのをご存知でしょうか?

ざっくりいうと『自分の興味や関心のある好きなモノに執着し、必要以上に収集し続け、日常生活に支障をきたすようになっても捨てられない病気』のことです。

病気であることをご本人やご家族が自覚・認識しないまま年齢を重ね、症状が重くなると、ごみ屋敷や汚部屋になってしまう可能性があるといわれています。

ご本人としては『ごみである』という意識がなく、全て価値のあるモノなので、ごみ屋敷や汚部屋になってから、ご本人の意思で部屋を片付けさせるのは至難の業です。

さらにごみ屋敷や汚部屋は見た目が汚いだけでなく、そのまま放置すると漏電や火災が発生する可能性もあります。

そのため周囲が「おかしいな…」と異変に気付いたら、早い段階で【精神科・神経科】などで専門医の診察をうけるなどの対処が必要です。

そこで、次に【ためこみ症】の主な特徴をご紹介しておきたいと思います。

【ためこみ症】かも?と思ったら…チェックすべき3つの特徴

ごみ屋敷や汚部屋の予兆を感じて、ひょっとして【ためこみ症】かも?と思ったときは、まず以下の3点に該当するかチェックしてみましょう。

<ためこみ症3つの特徴>

(1)家の中の整理整頓ができない

(2)限度を超えてモノを大量に集める

(3)モノを捨てることができない

大量に集めるモノは、洋服・電化製品・タイヤ・ペットボトル・調味料・昆虫など、人によってさまざまです。

なおこうした収集行動は、注意欠陥多動性障害(ADHD)・認知症・統合失調症といった病気でも起こり得るのですが、これらの病気による影響を排除してもなお症状が認められる場合は【ためこみ症】であると診断が下されるとのこと。

【ためこみ症】はどんな人がなりやすい?

ためこみ症は日常生活に支障をきたす可能性があるやっかいな病気ですが、何が原因で、どのような人がなりやすい病気なのでしょうか?

実のところ、ためこみ症を発症する原因については不明な点が多いようですが、遺伝的な要因が大きいともいわれているようです。

さらに幼いころに何らかの虐待を受けたり、両親が離婚したり、死別したりといった精神的なストレス経験をすると、発症する可能性が高まるとのこと。

ためこみ症の患者は、限度を超えてモノを集めていくことで、精神的に満足感を得るようになるため、一般的に「自分は病気だ」と認識できないケースが多く、病院で診察を受けずに症状が悪化する例もあるようです。

そのため少しでも異変を感じた場合は、専門の医療機関を受診することをオススメします。

【コレクター】と【ためこみ症】の違いとは?

ちなみにここで注意しておきたいのは【コレクター(収集家)】と【ためこみ症】は違うという点です。

例えば腕時計やCD・DVD・レコード・本など、特定の分野において自身が興味関心のあるモノを集めるコレクターは、集めたものをきちんと整理することができており、収集したものが生活の障害にはなっていません。

そういう点で【コレクター】と【ためこみ症】はまったく異なるものなのです。

【ためこみ症】の治療とは?

残念ながら、ためこみ症を完治させる治療方法はまだ確立していません。

そのため現状では主に、カウンセリングや薬物療法で対応しているようです。

ためこみ症の場合は、患者本人が限度を超えた収集行動を変えていくためのカウンセリングを受けますが、1回や2回のカウンセリングで急激に症状が緩和する訳では無いため、根気よくカウンセリングを受け続ける必要があると言われています。

また薬物療法では、一般的に脳内の神経伝達物質に働きかける薬が処方され、限度を超えてモノを収集してしまう衝動性やこだわりの強さ、不安な感情を和らげていきます。

ただし、ためこみ症は強迫性障害の患者に比べて治療効果が出にくいともいわれており、こちらも根気よく薬物療法を続けていく必要があるようです。

【ためこみ症】のサインに気を付けよう!

これはためこみ症の病気に限ったことではありませんが、症状が重症化してから病院を受診するのと、初期段階で受診するのとでは、治る可能性やスピードに差が出てしまいます。

そのため「おかしいな」と感じたら、少しでも早く医療機関を受診することが大切ではないでしょうか?

ためこみ症を早期発見するためには、日ごろからご本人やご家族が、ためこみ症のサインを見逃さないよう目配りと気配りをしておくと良いでしょう。

例えば軽度のためこみ症の場合は、椅子やテーブルの上に洋服や紙袋を乗せっぱなしにしてあり、本来の機能を果たせない状態が5年以上続いているような状態も、サインの一つと言えるでしょう。

そして重度の溜め込み症の場合は、トイレやキッチンなど生活するうえで重要な場所が、大量のモノに占拠され、通常の生活に支障をきたしている状態も、見逃せないサインです。

ためこみ症は誰でも発症する可能性がある病気なので、他人事だと思わずに日ごろから意識しておきたいものですね。

お悩みごとはもったいない屋にご相談ください!

このブログをご覧になっている方の中に
①愛知名古屋の不用品回収/買取
②ごみ屋敷の片付け/汚部屋清掃
③生前整理/遺品整理
④エアコン撤去/買取
⑤粗大ゴミの搬出サポート
⑥その他の便利屋業務
ハウスクリーニング/単身引越しお手伝い/特殊清掃など
をご希望の方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください。

もったいない屋なら愛知 名古屋のご依頼には365日夜間&早朝対応が可能です✨
秘密厳守のお見積りは無料ですし、もちろんお見積りの後にお断りいただいても構いません。

また、しつこい勧誘も一切ございませんので、どなた様も安心してご利用ください。
皆様からのお電話を心からお待ちしております!

もったいない屋の無料出張サービス対応エリア

【愛知県】名古屋市
熱田区・北区・昭和区・千種区・天白区・中川区・中区・中村区・西区・東区・瑞穂区・緑区・港区・南区・名東区・守山区

【愛知県】尾張エリア
豊明市・東郷町・みよし市・日進市・一宮市・瀬戸市・春日井市・犬山市・江南市・小牧市・稲沢市・尾張旭市・岩倉市・津島市・愛西市・清須市・春日町・北名古屋市・弥富市・長久手市・豊山町・大口町・扶桑町・あま市・美和町・七宝町・甚目寺町・大治町・蟹江町・飛島村

【愛知県】三河エリア
岡崎市・蒲郡市・刈谷市・知立市・安城市・豊田市・高浜市・碧南市・西尾市・幸田町

【愛知県】知多エリア
大府市・東浦町・阿久比町・東海市・知多市・半田市・常滑市・武豊町・美浜町・南知多町

【三重県】
桑名市・四日市市など名古屋市に隣接する地域

【岐阜県】
岐阜市・各務原市など愛知県に隣接する地域

※もったいない屋は、名古屋市を中心に【愛知・三重・岐阜】エリアへ無料お見積りに伺います!
上記エリア以外のお客様も、お気軽にご相談ください。

名古屋市北区にてエアコンを「買い取り」

もったいない屋公式ホームページ

■お片付けと買取のご相談・ご依頼はもったいない屋へ■
【名古屋本店】愛知県名古屋市中川区吉津1丁目1508番地
【名古屋北店】愛知県小牧市西ノ島字中塚1059
名古屋市内の方➡0120-009-906
名古屋市外の方➡052-355-9215
◎古物商許可番号:第541211104100号
◎産業廃棄物収集運搬業許可証:愛知 第02300181898号

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*